プロデューサー明細の改善、およびイベントポイント増加量を詳細に表示するようになりました

9周年に合わせた更新…というほど大規模なアップデートではないのですが、いくつか不便だった点を補う機能を追加しました。

1. プロデューサー明細で見られる情報が増えました

①過去イベントの成績上位が10件以上見られるようになりました

これまでは過去イベントの成績上位は10件しか表示されませんでしたが、表示できる限りたくさん見られるようになりました。

②イベント種類ごとの成績をより詳細に見られるようになりました

これまではイベント種類ごとの200位入賞などの割合を棒グラフで見ることしかできませんでしたが、より詳細な成績を見ることができるようになりました。

具体的には、イベント種類ごとの以下の情報が参照できます。

  • 最高順位をとったイベント
  • 10分速/30分速/時速/24時間速の最高値
  • 10分速/30分速/時速/24時間速の走行時平均値(0ptを除いた平均値)
  • イベントアクティブ時間の合計(観測した際にポイントが増えていた時間の合計。単位は分)

③イベントごとのイベントポイント増加量を詳細に見られるようになりました

プロデューサー別詳細ページの下部にある「イベント別順位・スコア」で、新たに以下の情報がイベント別に見られるようになりました。

  • 10分速/30分速/時速/24時間速(最高値)
  • 10分速/30分速/時速/24時間速(走行時平均値)
  • アクティブ時間(観測した際にポイントが増えていた時間の合計。単位は分)

2. イベント明細ページでも、4000位以上のPのポイント増加量が見られるようになりました

イベント明細ページの「上位プロデューサースコア」で、時速だけでなく各種のイベント増加速度を参照できるようになりました。プロデューサー明細ページで1人ずつ確認することなく、一括で確認できます。特定の高順位(1桁など)を狙う際に利用するシーンを想定しています。

特に、「順位に着目したポイント増加量」と「プロデューサーに着目したポイント増加量」を別けて表示するようになりました。

9thアニバーサリーの表示例

新たに参照できるようになったのは、以下の項目です。

  • 10分速/30分速/時速/24時間速(プロデューサーに着目した増加値)
  • 10分速/30分速/時速/24時間速(順位に着目した増加値)
  • 10分速/30分速/時速/24時間速(プロデューサー/現イベント内最高値)
  • 10分速/30分速/時速/24時間速(プロデューサー/過去同種イベント最高値)

Cinderella API v2への反映タイミング

上記の各種情報は、Cinderella API v2でも参照できるようになります。12月上旬の追加を予定しています。追加時は本エントリーに記載予定です。

2020-12-04に追加しました。

  1. 「イベント順位情報」のレスポンスデータに、増加ポイントを追加しました。
  2. 新たに「イベントポイント増加量 (/api/v2/events/gainpoints)」を新設しました。

なお、Cinderella API v1への追加はありません。

デレマス9周年 期間限定変更について

シンデレラガールズ9周年と、北条加蓮さんのシンデレラガールに心よりお祝い申し上げます。

9周年アニバーサリーイベントの期間中は、以下の通り変更します。

①シンデレラガール北条加蓮さんをお祝いし、Webおよびツイートのカラーリングをミントグリーンにします。(一部はポテトになります)

②各ツイートのヘッダを北条加蓮さんの過去のSRに変更します。定期的に変更されます。こんなことを申し上げるまでもありませんが、最後はもちろん、笑顔が素敵な[アニバーサリープリンセス]北条加蓮+になる予定です。

アニバーサリー期間中も定期的に監視していますが、私もイベントに参加しているため、問題があっても気づかない場合があります。その際には、遠慮なく Twiitter: @imcgborder までリプライください。

ラウンド毎の時速ランキングツイート出力を終了します

[11/26夜 追記] 大事なことなので先頭に追記します。イベント期間中に毎時出力している上位Pポイント一覧ツイート(800位までのPのptと時速を出すやつ)は引き続き出力します。あれはボーダーbotで2番目に重要なツイートですので、止める予定はありません。

ラウンド毎の時速ランキングツイートとは

このツイート↓の「上位P時速ランキング」というやつです。毎ラウンドの終了後に出力しています。

出力停止予定スケジュール

現在開催中の第43回アイドルLIVEロワイヤルの最終結果発表(11/28 12:00)をもって終了します。

出力をとりやめる理由

  • 上位50名のラウンド内最高時速を羅列するだけではあまり使い道がない。(もちろん、「一番速かったのでうれしい」「○○さんより速かった」というような用途はあると思料する)
    • 理想としては、「特定順位付近にいるPの現時点の10分速/30分速/時速と、当該Pの開催中イベント全期間および過去同種イベント全期間における10分速/30分速/時速など」が出力されるべき。これなら1位争い・10位争いなどの比較的ハイレベルな活用ケースが想定できるし、あるいは特定アイドル上位時の特定高順位狙い(27位とか37位)でも利用できるだろう。
  • ラウンドの概念がない新イベントJAMが登場した。
  • この出力をするためだけに、ラウンド毎の時速を導出する専用のデータマートを作成している。DBの容量逼迫が極めて深刻なので、1bitでも削れるデータは削りたいし、オンライン時間中のバッチ処理時間は1秒でも解放したい。

代替機能

以下を参照できるようにする機能をWebポータルおよびAPIに近日追加します。

  1. 特定順位付近にいるPの直近10分速/30分速/時速/24時間速(おそらく4000位以上になるでしょう)
  2. 全Pの開催中イベント通期および過去同種イベント全期間における、10分速/30分速/時速/24時間速の最大値および平均値

ツイートはしなくなりますが、結果として従来より高機能になるはずです。

準備ができ次第、改めてお知らせします。

プロダクション明細の「平均レベル」は正確ではありません (+データ取得の話)

Webポータルのプロダクション明細に表示されている平均レベルが、11/17 03:00現在、第53回PMF開始時点の値で更新されました。

↑プロダクションごとの明細ページにおける基礎情報に所属P平均Lv.が含まれています

このプロダクションごとの明細ページは普段それほど使われていない機能なのですが、いつもPMF発表直後から急に利用されるようになり、マッチング発表後に一気にアクセスされます。マッチング発表日のアクセス数だけで、2回前に開催されたイベントの全期間の総アクセス数を超えます。

移籍先のプロを見極めるデューデリジェンスや、マッチング相手の平均レベル調査などに使われているものと勝手に思料しています。

平均レベルは直近のイベントに参加したPだけで計算されている

プロダクションの平均レベルは、「直近のイベントに参加しているプロデューサーの平均値」を計算しています。現在で言えば、鋼鉄公演きらりんロボ(復刻)で1pt稼いだプロデューサーが対象です。

したがって、この平均レベルはほとんどの場合において不正確です。鋼鉄公演(復刻)には8,779プロダクションが参加しましたが、そのうち2名以上が所属するプロダクションにおいて全所属プロデューサーが鋼鉄公演(復刻)に参加したプロダクションは280であり、21名以上に限るとわずか2プロダクションです。

比較的アクティブなプロダクションであれば、割合としては相当数はイベントに参加していますので、一般的傾向としてこの平均レベルは大きく外れた値ではないだろうと思います。先の21名以上の条件でも、「6割の参加」とすれば130プロダクションにまで増加します。しかしいずれにせよ、不正確なことに変わりはありません。

↓ここから、この平均レベルの基となるデータ取得に関するクッソ細かい話が続きますので、特に興味のない方は読まなくて大丈夫です。

続きを読む →

10分毎の観測対象プロデューサ順位を4000位まで広げました

仕様変更点

これまでボーダーbotが毎10分に観測するプロデューサー順位は2500位まででしたが、11/10 20:00より、これを4000位まで拡大しました。(issue #22)

できるようになった理由

  1. ボーダーbotの設備増強(観測機材の増設 3台→4台)。
  2. イベントに参加するプロデューサー数が昨年比で5分の3強程度まで減少したことにより、全体としての観測対象が減ったたため、余剰が出た分を従来より広いレンジでの定時観測に振り分けることが可能になった。

仕様変更により新たにできるようになったこと

①イベント明細の上位プロデューサースコアが4000位まで表示されるようになりました。

↑例:鋼鉄公演 きらりんロボ -襲来! コスメティア帝国-(復刻)

②開催中のイベントにおいて一度でも4000位以内に入ったプロデューサーは、プロデューサー別の明細ページで、イベントpt推移グラフが表示されるようになりました。

これまでは200位/2000位を狙うプロデューサー向け機能として提供しており、グラフを表示するためには2500位以内に入る必要がありました。

↑4000位以内に入った時点で、プロデューサー明細ページでプロデューサー毎のグラフが作成されます。

4000位狙いの場合でも対応できるよう、比較対象となる過去イベントの4000位推移も出力できるようにしました。4000位狙いはもちろんですが、従前はより下の順位でも表示できるようになりましたので、2000位未満の順位から1枚取りを狙う際などに活用ください。

※初めてイベントに参加するユーザはプロデューサー明細ページが未作成のため、本グラフは利用できません。

イベント順位情報APIで、4000位までのプロデューサーポイントを毎時取得できます。

今後の予定

このボーダーbotは、(イベント観測に全力で専念すれば)10万人が参加していても漏れなく最終結果を取得できる設計になっています。昨今のイベント参加者は2.5万人程度であり、切り詰めれば余裕があります。

アイドリング時間を活用し、これまでなかなか実装のできなかった、PRA結果の取得などを計画しています。(issue #21)