10分毎の観測対象プロデューサが10000位まで拡がりました

仕様変更箇所

これまで、ボーダーbotが10分毎に観測するプロデューサー順位は4000位まででしたが、1/20頃より、これを10000位まで拡大しました。(issue #26)

仕様変更により新たにできるようになったこと

イベント明細で表示される「上位プロデューサースコア」が10000位まで表示されるようになりました。

②10000位以内に一度でも入ったプロデューサーは、プロデューサー別の明細ページで、イベントpt推移グラフが表示されるようになりました。

第7回ミュージックJAM 1/21 14:20時点で8001位のプロデューサーの明細。これまではこのプロデューサーはグラフが表示されませんでした。

副次的効果として改善されたこと

これまでプロデューサーごとの速度計測において30分速が時速より値が大きい(速い)、10分速が30分速より値が大きい(速い)といったケースがありましたが、これが緩和されます。

ボーダーbotのプロデューサーごとの10分速/30分速/時速/24時間速(以下、「P速度」)は、計算にあたり、観測の始点となる時間の観測データに当該プロデューサーが存在していた場合に限り、そのプロデューサーのP速度を算出します。

つまり、これまでの仕様では、1時間前に4000位以内に存在するプロデューサーは時速を算出できましたが、1時間前に4000位未満だった場合は時速が計算できませんでした。もちろん1時間前の4000位を最低値として時速を想定することはできましたが、「正確でない値は記録せず不明として扱う」という思想で最近は実装しているので、このケースではP速度の時速が存在しないものとして扱っていました。

この仕様により、イベント終盤に一気に走ったプロデューサーは、イベント終了の30分前には観測されていたが1時間前には未観測というケースがあり、「時速より30分速のほうが速い」という状態を生んでいました。

今般に修正により、観測範囲が広がりました(上記グラフで言えば青い点線が下がりました)ので、従来よりもP速度の計算が正確になる効果も期待されます。

カードごとのフリートレード価格や取引量などを出力するようにしました

※この記事における「価格」とは、フリートレードにおけるカードの交換に必要なスタドリの量を指すものとします。

概要

  1. カード一覧の「詳細検索」でフリートレードの価格や取引量などにより検索を行えるようにしました。カードごとの結果も一覧に表示されます。
  2. カードの明細ページでフリートレードの価格や取引量、および価格推移を表示するようにしました。
  3. Cinderella APIv2 でも同等の情報を取得できるようにしました。

システム的な変更点

デレマスボーダーbotはこれまでフリートレードの履歴を取得して表示してきました。今般、これを一段進めて、フリートレードの最新価格や平均価格を計算するようにしました。毎10分ごとに全カードの取引情報を再計算しています。

平均の算出にあたっては、大きく外れた価格(具体的には「突然のスタ2000取引」など)を含んでしまわないよう、直近100トレードの正規分布における2σを超える取引内容は外れ値とみなし、排除したうえで算出しています。

カード一覧の詳細検索の変更点

カードの詳細検索で、カードごとのフリートレードの最新価格や平均価格を基に検索ができるようになりました。

検索結果で、カードごとのフリートレードの価格や取引量を参照できます。(グリッドの右側にありますのでスライドしてください)

参照できるのは以下の情報です。

  1. フリートレード可否(フリトレ制限されているカードか)
  2. 直近価格
    • 通常カード
    • プレミアムサイン付きカード
  3. マニーでの取引実績の有無
  4. 平均価格
    • 全体
    • 通常カード
    • プレミアムサイン付きカード
    • およびプレミアムサイン付きカードと通常カードの差額
  5. エナ/スタ比率
  6. 成立件数/日 (※出品件数ではありません)

想定している用途として、「極小以上のダブル特技を持つカードが欲しいができればスタドリ300本以下で探したい」あるいは「ある程度廉価で成立件数の多いカードでエナスタ変換をしたい」といったケースで役立つと思います。

こういう情報も出してほしいというご要望があれば、コメントいただければ検討します。ただし、出品情報を取得する予定はありません。

カード明細での表示

カード一覧と同様の情報をカードの明細ページでも表示します。ここでは、一覧の詳細検索で表示していた情報に加え、取引履歴の明細と価格推移を表示します。

[陽の照らす先へ]十時愛梨+の表示例

APIでのフリートレードの価格や取引量の取得

Cinderella APIv2 のカード /api/v2/cards/[cardHash?] で、カード一覧と同様の情報を取得できるようになりました。

カード明細で表示されている、カードごとの過去の履歴(推移)も別途実装予定です。実装しましたら、改めて記載します。

年間集計結果を見られるようになりました

Webポータルに年間集計結果を追加しました

イベント一覧、イベント参加プロデューサー数、全プロデューサのイベント参加状況などの集計結果を見られるようになりました。現時点では、2019年・2020年の集計結果を参照することができます。

本機能は常設です。いつでも見ることができます。

ただし、2021年のイベントが始まっても、2021年の結果はまだ見ることはできません。データは年末に作成されます。

プロデューサーごとの集計結果をCSV/JSONでダウンロードできるようになりました

プロデューサー毎の年間集計結果を取得できるAPIを、Cinderella API v2 に「プロデューサー年間集計結果 /api/v2/producers/[mobageId]/annuals」として追加しました。プロデューサーごとの入賞回数や、年間の増加レベル・ファン数を取得することができます。

この API では mobageId の指定が必須になっています。つまり、1プロデューサーごとの情報しか取得することができません。

全プロデューサー分の集計結果を一括で取得したい場合は、ダウンロードページから、 JSON または CSV で全量をダウンロードできるようになっています。年間の集計結果は一度作成した後は永遠に変化しませんので、APIではなく、固定のダウンロードデータでの提供のみとします。(ダウンロードの方がAPIより負荷が低いのです)

【期間限定】プロデューサーごとの2020年振り返り機能

プロデューサーごとの明細ページに2020年の結果を振り返ることができる機能を追加しました。

本機能は2021年1月10日までの限定公開です。プロデュース結果・イベント参加結果の振り返りにお使いください。

2020年のボーダーbotの改善点まとめ

新年あけましておめでとうございます。

2021年のデレマスボーダーbotも引き続きよろしくお願いいたします。

2020年のボーダーbotの改修履歴、および今後の改修予定は下記の画像を参照ください。この開発ノートにこれまで記載してきた内容と重複しますので、詳細は割愛します。